CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
身近なことをファイナンスの観点からわかりやすく説明してあります。理論まで理解できれば、バッチシです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
大連滞在 2日目
ホテルで朝食。
久しぶりに洋食を食べる妻は、とても満足そう。よかった、よかった。

まずは、労働公園へ。
いわゆる公園で、家族連れや年配の人、カップル達でまぁまぁ賑わっている。小さな遊園地があるのだが、観覧車やメリーゴーランドなどは、かなりさびれている。

リフトに乗って高台にあるテレビ塔へ。
大連の中心街を一望。少し霧がかかっているものの、天気も良く気持ちいい。高層ビルやマンションが立ち並び、近代的。

その後、人民広場や中山広場など、広場巡り。
中国には、公園や広場と名のつく場所が多いとのこと。
他には、勝利広場やオリンピック広場も見た。
広場は、華やかなショッピングモールや単なる公園など様々。

とにかくいろんなとこを練り歩き、途中、服やCD、お茶などを物色。

夕方は、本日のメインイベント「中国式マッサージ」の2時間コースを体験。
しかーし、タイ式のマッサージなどとは異なり、非常に「やんわり」とツボを押さえる程度。
まじめにやっとんか!と思ったけど、これでも大連ではかなりいい方らしい。ま、歩き疲れてたから、軽いマッサージでも気持ち良かった。

夕食は、大連名物「火鍋」。
一つの鍋で、2種類の味を堪能。一つは激辛唐辛子入りの赤色スープ、もう一つは乳白色のあっさりスープ。
どういう意味で「火鍋」と呼ばれているのかは知らないが、この激辛スープには参った。
今まで食べた辛いもの系では、一番辛いと思われるくらいの辛さ。
汗ダラダラ、舌ヒリヒリ。

コンビニでアイスを買って帰る。今度は甘さを満喫。

朝からいろんなとこへ行ったけど、あっという間の一日。明日は、もう帰る日か。早いなーと思いつつ就寝。
| 夫婦 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
大連到着 1日目
朝、5時起床の予定が、目覚ましのセット違いにより、5時45分に目覚める。
やべっ!と思いながら、急いで支度し、成田へ。
日暮里で京成特急への接続が悪く、成田に到着したのは、出発1時間前の8時20分。
幸いにして、さほど混んでなかったため、出国審査を終え、免税店で妻が予約した化粧品を受け取り、無事搭乗。

約3時間で大連へ到着。
そして、空港まで迎えにきてくれた妻と約6ヶ月ぶりの再会。
印象は・・・「あれっ、中国人化してない?」(笑)

ご丁寧にお手製の「旅のしおり」を作ってくれており、スケジュール通りに行動。

まずは、スイスホテル大連にチェックイン後、大荷物を抱え、タクシーで妻のアパートへ。
決して綺麗とは言えないが、最低限の生活はできている、という感じ。

その後、近くの小さな料理屋で遅めの昼食。
メニューは、2種類。
キャベツ、小海老、牛肉、春雨を醤油?ベースで炒めたもの。
もう一つは小龍包みたいなもの。

本場、中国で食べる料理のお味は・・・うまい!!
両方ともかなりイケてる。
小龍包は日本で食べるよりおいしい。
そして、値段はあわせて約240円なり。
二人で食べてこのボリュームにこの値段は、かなりお得。
(写真をお見せできないのが残念です・・・)

すぐそばの海岸を散策後、本日のメインイベント「変身写真」撮影へ。
変身写真とは、ウェディングドレスや中国の古典的な衣装に着替えて、お化粧して写真を撮ってくれるもの。
妻は2着のドレスに着替え、私はタキシードのパターン。もう一つは、両方とも中国の古典的な衣装のパターンで、計3時間以上に渡り撮影。
よく考えれば、1年半前の結婚式の時には、スタジオ撮影は時間の撮影上省略してしまったのだった。今日は、その代わりのようなもの。
カメラマンの兄ちゃんはなかなかおもろい人で、様々なポーズを要求。
出来上がりが、とても楽しみ。
因みに、私には中国の衣装がかなり似合っていた?ようで、スタッフの人達は結構ウケてました。

夕食は、昼とは一転、ホテルの近くにある豪華なレストランで、妻の友人2人と一緒に食事。カキのフライやタイの煮付けなどを食す。

あっという間の一日。
思った程も寒くなく、東京と同じくらいか少し寒いくらい。
少し風邪気味なので、早めに寝る。
| 夫婦 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
荷造り
荷造り完了。

・・・といっても、ドイツではなく、今週末中国へ行くためです。

妻は、5月のGW明けから、中国は大連に住んでいるので、半年以上ぶりの再会です。

26-28日と、わずか2泊3日の旅にもかかわらず、なんたる荷物の多さ!

午後、買出しに走り、妻ご希望の品をたくさん買い込みました。

大連はかなり寒いようです。

明日もあさっても帰りが遅くなるので、体調だけは崩さないようにしたいものです。

既に顔を忘れられてしまっている私・・・(涙)

来年の6月頃までまた会えないので、しっかり胸に焼き付けておいてほしいものです。

| 夫婦 | 21:11 | comments(3) | trackbacks(0) |
結婚感謝の集い
毎年恒例の「結婚感謝の集い」が、四ツ谷の「イグナチオ教会」で催された。
これは、イグナチオ教会や上智大学のクルトゥルハイム聖堂で挙式した夫婦を対象に、「挙式の喜びを神様の前で確かめる」ために行われている。
私は、昨年に続き、今回が2回目となるが、都合により懇親会のみ参加した。

ちょうど2年前の11月から翌年の3月までの5ヶ月間、毎週土曜日の「結婚セミナー」に参加し、神父様、ヘルパーと呼ばれる熟年夫婦、同時期に結婚を予定している他の4組のカップルと、結婚に向けていろいろなテーマについて語り合ったことが懐かしい。
今日はまぁ、その同窓会のようなもの。

神父様は相変わらず入退院を繰り返されているようだが、今日はいたって元気そうだった。もう70歳を超えてらっしゃるが、母国語のスペイン語、英語、日本語を交えて話す様子は、とても力強い。
ヘルパー夫婦の旦那さんは、体調を崩され入院中のため、お会いできず残念だった。奥さんはいつみても若く、お元気そう。

全体の懇親会の後、セミナー仲間と食事。
皆、元気そうで何より。特にトラブルもなく、結婚生活を送っている模様。
同じ年頃の夫婦仲間がいることはあまりないことだと思うので、非常にためになるし、刺激を受ける。

よき仲間との食事は楽しかった。今後も末永くおつきあいいただきたいので、よろしくお願いします。
| 夫婦 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |