CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
身近なことをファイナンスの観点からわかりやすく説明してあります。理論まで理解できれば、バッチシです。
<< 雑感 | main | カレー部引退 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
神戸の食文化
先週末の3連休は、久しぶりに神戸へ。

土曜の夜、大学時代のワンゲルサークル仲間 +α と、王子公園にある「とりひげ」にて焼き鳥。急な案内にもかかわらず、10名が集合。夏の立山登山以来の再会。

ここは大学生にとってありがたいお店。
当時、お金に余裕がなく、仲間とここへ来ては、まず最初に生ビールと「とり丼(大)」を注文。
いきなり大盛りのどんぶりを食べ、お腹いっぱいになったところで「ずりバター」というのが定番だった。
このどんぶり、非常にボリュームが多く、しかもわずか380円(笑)
当時は、大、中、小、いずれも290円だったような気がするが、値上げしてこの値段。

今回は卒業以来6年ぶりだったので、まずは焼き鳥を堪能してからお茶漬けといきたかったのだが、やはり「とり丼(大)」を食べてしまう。
大盛りはさすがにきついかなと思ったけど、やっぱうまいので完食。

他にも、この店では食べたことのない焼き鳥を堪能。
非常にうまかった。で、腹いっぱい飲んで食べても、一人1,500円以下(笑)
東京ではあり得ない、リーズナブルなお店である。


日曜の夜は、三ノ宮と元町にて食べ歩き。

まずは、阪急三ノ宮西口にある、ぎょうざの名店「ひょうたん」へ。
入口には、「ぎょうざとビールしかありません。酒、ご飯はありません」の張り紙。
しかも、ルールとして追加注文は1回しか許されない、というこだわりよう。

実は、今回がはじめてだったのだが、いつも行列ができているわりには、それほど特長のあるぎょうざではなく、まぁふつーのぎょうざだった。
敢えて言うなら、タレに味噌を入れることか。

次は、博多ラーメンの屋台へ。
ぎょうざの後にラーメン。いいねぇ。

腹いっぱいになったところで、センター街を抜けて元町まで歩く。
屋台で「きゃべつ焼き」を食べる。お好み焼きの小さい版。

そして、最後は、神戸と言えば「にしむら珈琲」へ。
意外とソフトクリームがうまい。

この日も結局、2,000円以下で大満足。南京街で屋台の中華を味わいたかったが、腹いっぱいで無理。


「大阪は食い倒れの街」というけど、神戸もそうだよな。
安くてうまい店がたくさんある。
また、年末にも帰りたいな。

| 旅行 | 23:39 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:39 | - | - |
コメント
おひさ☆
私も、「とりひげ」よく行ったよ☆
「にしむら珈琲」も☆
(^^)v
| おから | 2007/10/15 8:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック