CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
身近なことをファイナンスの観点からわかりやすく説明してあります。理論まで理解できれば、バッチシです。
<< インターン生がやってきた | main | いよいよ30代 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
開幕戦勝利!
午前9時プレイボール@二子玉川の河川敷。

快晴だが、まだ肌寒い。
いきなりキャッチボールの時から、ちゃんと投げられるか心配だったけど、なんとかなった。

相手は、強敵、東京ト○タ・カ○ーラ。
1回ウラ、相手のミスに絡めて、2点先制。
4回オモテに1点を返されるも、なんとか逃げ切り、勝利。

勝因は、「声」。
相手の方が、年齢は低く、体格は良く、どう見ても強そう。
サウスポーのピッチャーの制球もよかったし、キャッチャーもしっかりしていた。

ただ、声があまり出てなかった。
チームが劣勢にあれば、余計に、かけ声でチームメイトを励まし、劣勢を優勢にもっていくことが重要になる。
試合に「流れ」は明らかに存在し、声の出し方によって好プレーを誘い、自分たちの方へ流れを呼び込むことができる。

チーム競技としての野球は、極めてメンタルなスポーツだと思う。
個々の技術を磨くことも重要だが、ピンチでも慌てない精神力、ランナーを牽制する連携プレーは、かけ声によって生み出される。

最終回の守り。
ヒットとフォアボールから二死満塁。
一打同点、または逆転される場面。

ここで、
1. やべぇ、自分のところにボールが来たらどうしよう、とビビるか、
2. 俺が最後のアウトを取ってやる、来やがれ。 
と思うかで、えらい違い。

腹の底から声を出し、ピッチャーを落ち着かせ、守備陣の精神を集中。
結果は、センターフライ。

自分の守りは、エラーなしだったので、まぁまぁ合格点。
しかし、打撃は最悪。空振り2三振。バットとボールが5cmくらい空いてたような気がする(笑)。


久しぶりの野球は、非常に楽しかった。
ドイツでは味わえなかった、草野球の醍醐味。

次回は、25日(日)の午後。
バッティングセンターで練習してから臨むべし。
| 野球 | 18:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:05 | - | - |
コメント
東京ト○タ・カ○ーラってどこ?!笑
| すが | 2007/03/22 1:33 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sugata.jugem.jp/trackback/277
トラックバック