CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
身近なことをファイナンスの観点からわかりやすく説明してあります。理論まで理解できれば、バッチシです。
<< ラトビア旅行記 (1日目) | main | さよならディナー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ラトビア旅行記 (2日目)
ホテルの朝食にビックリ。
サーモンと鰯の酢漬けが並んでいる。
激ウマッ。厚くて身がしまっている。


ドイツのホテルでこんなに豪華な朝食を食べたことないぞ。
ラトビアのホテルは、どこもアメリカン・ブレックファースト式なのか?
しかも、ホテルのレストランはとても落ち着いていて雰囲気がよい。
とても3つ星ホテルとは思えない。

夜明けは午前9時頃。おそっ。
あいにくの雨。
昨日、観光できなかった自由記念碑などを足早に見て回る。
クリスマス・マーケットや雑貨屋に寄って、土産の品定めをしていたら、あっというまに時間が過ぎる。
再度、中央市場へ行って、魚、チーズ、パンを買う。(手荷物検査でひっかからなかったのでよかった)

13時15分のフライトでベルリンへ戻る。
もう少しゆっくりできたらよかったのにと思う。

リーガは予想以上に観光に適した街だった。特に海産物がおいしいのがよかった。
夏に来れば、日照時間もやたら長いだろうから、もっともっと楽しめると思う。
コストは、フライト70ユーロ/人、ホテル80ユーロ/部屋に、食事と土産を入れても一人25,000円もかかってない。一泊二日の週末旅行としては、かなり満足。

まだユーロが流通していないものの、EU加盟済みだけあって、生活水準は高い。
バルト三国は、もっとロシア色が強くて発展してないと思っていたが、全然そんなことない。うーむ、今回は期待値が低かったから、満足度が大きく感じるのか。いや、ドイツの観光都市と比べても遜色ないと思う。

こんなに簡単に海外旅行できるヨーロッパは、やっぱいいとこだと改めて実感。
日本への帰国が近づいているのは悲しい限り。

それから、低コスト・エアラインで有名なEasyJetを初めて利用したのだが、なかなかいい。座席の前後間隔は少し狭いものの、機体はきれいだし、問題ない。徹底したシンプルさで、事前に、往路のみホームページからチェック・インできる。キャビン・アテンダントの服装も極めてラフ。飲み物などは有料。機内持ち込み荷物のみ無料で、それ以外は有料など。



ベルリンに戻ってもまだ時間があったので、ポツダム・プラッツへ直行。
以前から食べようと思っていた、ベルリンで一番おいしいアイスクリーム店で、パフェを堪能。


クリスマス・マーケットもかなり賑わっている。

そして、夕食のメインは、リーガで買ったイクラを使って、イクラ丼。
プチプチしていて、とーってもおいしい。
値段も高かったし、絶対に養殖じゃなくて天然モノと信じてるのだが、どうなのだろうか。


最後は、ラトビアの名産、ラトビアン・ウォッカを飲んでみる。


なんとも充実した週末でありました(笑)
| 旅行 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック