CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
身近なことをファイナンスの観点からわかりやすく説明してあります。理論まで理解できれば、バッチシです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ブレイク
授業の合間には、休憩時間が15〜30分間(教授によって異なる)あります。飲み物、軽食とフルーツが用意されており、よい気分転換になります。

軽食(おやつ)は2種類用意されており、午前と午後とでも種類が異なります。ミニケーキ、ドーナツ、サンドイッチ、クロワッサン、プレッツェルン、パイなどなど。

0830-1000 セッション1
1000-1015 ブレイク
1015-1200 セッション2
1200-1400 ランチ
1400-1530 セッション3
1530-1545 ブレイク
1545-1730 セッション4

スケジュールはだいたいこんな感じです。午後のブレイクの時にサンドイッチやドーナツを食べると、もう夕食は要りません。ランチをたらふく食べ、ブレイクでもたらふく食べてると太ります(笑)。

ちなみに今日の午前中は、クロワッサンとクリームパイでした。とてもおいしかったです。
| 学校紹介 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ランチ
当校には、生徒、教授、スタッフ、ビジターが利用するレストラン(食堂)があり、ランチは充実しています。ちなみに、ランチ代は学費に含まれています。最初、「なんでランチ代が学費に含まれてんねん?」と思いましたが、この充実したランチがなければ、今頃は間違いなく栄養失調になっていたと思います(笑)。いくら忙しいとはいえ、栄養をしっかり摂らないと脳も活性化しませんから。といいつつ、食べ放題なのでたらふく食べると、午後は眠気をこらえるのに必死になるので要注意です。

スープ・・・日替わり。
サラダバー・・・日替わり。毎日しっかり野菜を食べます。
デザート・・・日替わりで2種類。
ドリンク・・・ミネラルウォーター、オレンジジュース(100%)、リンゴジュース(100%)、コラ・コーラなど。
メインディッシュ・・・日替わりで2種類。肉、鳥、魚を中心に、パスタ、じゃがいも、ご飯など。

ちなみに今日は、珍しくトンカツがメインディッシュです。
| 学校紹介 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
MIB School of Management
イタリアのトリエステにある、MIBという学校のインターナショナル・マスター・イン・ツアーリズムアンドレジャーコースに所属する生徒さんがesmtにいらっしゃった。我々同様、MBAコースもあるが、ホテルなどのサービス業向けのマスターコースらしい。半年間勉強に集中し、残りの半年はインターンシップに参加するとのこと。

授業終了後、シャンパンで乾杯。30分強とあまり話す時間がなかったが、イタリア人のダニエル、モンゴル人のエンクボールドから名詞をもらう。是非、イタリアに遊びにいらっしゃい、とのこと。我々のクラスには、イタリア人はいないのでちょうどよい伝手ができた。また、モンゴルにも行ってみたいので興味津々。

世界中に友達が増えていくのは、なんて素晴らしいことなんだろう。財産が増えていく。

左から2番目がダニエル、4番目がエンクボールド
| 学校紹介 | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
雪景色
先週も書きましたが、ここのところ雪が散らつく日が続いています。
「ドイツの雪景色はどんな感じですか?」というコメントをいただきましたので、こんな感じです。

学校のすぐ近くにあるベルリン大聖堂
まだ中に入ったことはありませんが、教室から見える位置にあるので、毎日眺めることができます。


学校の正面玄関
| 学校紹介 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドイツ語会話レッスン開始
いよいよ始まりました、ドイツ語会話レッスン。英語もままならないのにドイツ語かよ(!)と思いますが、せっかくドイツにいるので、できるだけ多くのことを吸収したいと思います。

レッスンは、週一回で、ランチ後の13時から14時の1時間です。決して強制ではありませんが、無料だし、ドイツ人を除いてほぼ全員が履修します。

ただし、ビギナーはわずか12名で、残りの9名は日常会話レベル以上を既にマスターしてます。本年開校の学校だけあって、ドイツに縁のある人が集まってるからです。いやー皆さん、英語もドイツ語も話せるなんて、羨ましい限りです。

私は全く勉強したことがないので、もちろんビギナークラス。イギリス人、カナダ人、インド人と一緒にドイツ語を勉強する光景は、なかなかおもろいです。初回を終えての感想は、皆曰く、「この授業が一番タフだね」。
| 学校紹介 | 17:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
Module1-PartCの履修科目
本モジュールの履修科目は、前回に引き続き基礎となる4科目。

ヒューマンリソース・マネジメント
企業の人事部門とラインマネージャーが抱える課題を中心に考察。

オペレーション・マネジメント
診断士科目でいう「運営管理」。工場で効率良くモノを作る方法を中心に考察。

パフォーマンス・メジャーメント&マネジメント
前回の管理会計の延長。企業内部の情報をいかに意思決定に用いるかを中心に考察。

コーポレート・マネジメント
前回の財務会計の延長。資金調達から企業価値評価までファイナンス部門の役割を考察。

かなり大雑把(笑)ですが、こんな感じと思われます。どれも興味深い科目ばかりなので、しっかり予習して頑張ろうと思います!
| 学校紹介 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
新スタディ・グループ
今日からスタディ・グループのメンバー変更。本モジュール(4週間)と次のモジュール(3週間)を一緒に過ごす、新メンバーを紹介します。

アジェイ(インド)
インド第2位のオートメーカー、バジャジモーターのファイナンス部門に所属。帰国後は、CFO(財務担当役員)直属に新チームをつくり、部下を数名持つ予定らしく、かなりの有望株。ファイナンスはクラスいちで、教授陣も一目置く存在。これを機会にアジェイからファイナンスと会計をたっぷり吸収しよう。

イーアン(イギリス)
ロールスロイスの航空エンジン部門出身のエンジニア。奥さんは妊娠中でスイス在住のため、週末はスイスまでとんぼ帰りという忙しい人。しゃべるのがとても早いのでなかなかついていけなかったが、最近ようやく半分以上聞き取れるようになってきた。イギリス英語を学ばせていただきます。

アナ(スロベニア)
クラスには4人しか女性がいないのだが、そのうちの一人。グループに女性がいるということは大切です。フェンシングが趣味で、先日のベルリン市内の大会では見事、銀メダル。最初会った時、やけに握力が強いなと思ったが、納得です。マーケティング専門。

ボウ(中国)
ボシュ・チャイナのエンジニア。私と同い年で、しかも奥さんはひとつ年下というところまで同じという、似た境遇の仲。同じアパートに住んでいて、帰りに一緒にスーパーで買い物をしたり、行動を共にすることが多い。数字にとても強い。

マニュエル(スペイン)
数年前までダイムラーの傘下にあった、EADSの航空エンジン部門出身のエンジニア。私と同じアパートに、奥さん、2歳の長女、生後5ヶ月の次女と暮らす良きパパ。今のところ家族と一緒に住んでいるのは彼だけと思うので、家族と勉強を両立させている彼に頭が下がります。

前回のグループでの反省点を踏まえながら、より効率良く運営できたらいいなと思う。
| 学校紹介 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
インテグレーティブ・エクササイズ
各モジュールの最後に与えられるグループワークは、「インテグレーティブ・エクササイズ」と呼ばれ、要は今まで学んだことを基にある会社を多角的に分析し、解決案を提案しなさいというもの。今回は、管理会計中心の事例。

全員一緒にひとつひとつ議論していたら時間が足りなくなってしまうので、手分けして分析を進める。プレゼンは8割方できあがったものの、想像以上に時間がかかり、残りは明日に持ち越し。

午後あたりから、ダニエル、オリバー、サントシュがオーバーヘッドコストと減価償却費の配賦方法について、かなり細かな議論を始めたのだが、はっきりいってアズーと私はついていけず。彼らの学習習熟度に圧倒された。同じ授業を受けているにもかかわらず、学習曲線の伸び方に差が出始めている。こりゃいかん、まだまだ努力が足りないようだ。
スタディルームにて夜食のピザをほおばる
| 学校紹介 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スカラシップ
当校の生徒は、企業派遣を除いて、全員、スカラシップ(奨学金)を受けています。MBA開校1年目なので、無名な学校に莫大な授業料を払う人はいません。ドイツの企業25社(スポンサー)が出資した学校なので、その企業が奨学金を出してくれます。個人によって金額は異なりますが、授業料の4分の3は奨学金で賄われているようです。

奨学金を出してくれるスポンサーは生徒によって異なります。また、スポンサーと生徒の間に特に契約事項はないので、卒業後スポンサー企業に就職できるか否かはわかりませんし、そもそもスポンサー企業は採用意欲があるのかさえ不明です。したがって、スポンサー企業がどこであろうと関係ないと思うのですが、なかにはやたら気にしている生徒もいるようです。

本日は、そのスポンサー企業の発表日。皆それぞれの思いがあったようで、なかにはやたら喜んでいる人やがっくりきている人もいたようです。卒業生はまったくいないし、学校はどれくらい支援してくれるかわからないので、やはり卒業後の就職先は悩みの種と思われます。一期生(パイオニア)としてのリスクです。
| 学校紹介 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |